幼児の便秘をスッキリと解消する方法

幼児の便秘解消に絶大な人気のオリゴ糖、もう試してみましたか?

幼児の便秘でお悩みの方や、お子さんの便秘が気になっている方の為に、幼児の為の便秘解消法をご紹介します。

幼児の便秘を解消するには、幼児の便秘について、まず知っておく必要があります。
幼児の便秘の原因がなんなのか、また、幼児の便秘はどういう目安で判断されるのか、便秘以外の症状にはどのようなものがあるのが、幼児の便秘に隠された病気など、様々な角度で、幼児の便秘についてご説明しています。

また、幼児の便秘について、良くある疑問・質問を集めました。
皆さんがお持ちの疑問・質問を、Q&A形式でご紹介していますので、参考にしてください。
次にご紹介しているのが、幼児の便秘を効果的に解消できる方法です。
幼児の便秘を解消するには、原因となっているものを一つ一つ取り除いたり、改善することが効果的です。
ここでは、幼児の便秘を解消できる食生活の送り方や、便秘解消にオススメのレシピ、自然なお通じを可能にするオリゴ糖、便秘を解消・予防できるトイレトレーニングの仕方など、わかりやすくご紹介しています。

さらに、幼児の便秘を解消できるマッサージや、便秘と運動の関係、便秘薬を使う上での注意点などもご紹介しています。

即効性が期待できるものから、根本から便秘を解消できるものなど、様々な便秘解消法をご紹介していますので、できることから始めてみて下さい。
どれも自宅で手軽にできるものばかりですので、今日から始められると思います。

お子さんが、快適に日常を送るために、様々な解消法を試してみて下さい。

幼児の便秘コラム

幼児の便秘は焦らずに


幼児の便秘は、母親にとっては一大事です。
幼児が便秘になると、子供はもちろん、母親にとっても辛いものです。
お腹の張りや痛みなどで子供は機嫌が悪くなりますし、お腹の苦しさや痛みなどで泣き叫ぶことも珍しくありません。
子供は何とか出そうと必死ですし、母親の方も早く出させてあげたいと必死です。
その結果、母親の方が焦ってしまって「もうちょっと頑張りなさい」「しばらくトイレにいなさい」「泣いてもしょうがないでしょ」と、時にはイライラしながら子供に接してしまいます。
母親としては、お腹が痛くて泣いていたり、お尻から出血しながら泣いているわが子を、何とかしてやりたいと思う一心で焦ってしまうのですが、それでは逆効果です。
便秘になると親に怒られてしまうものとインプットされてしまい、余計に排便を我慢したり、トイレに行くことさえ嫌がるようになってしまいますので、幼児期の子供が便秘になったら焦らずに対処するようにしましょう。
幼児期の便秘はよくあることであり、便秘によって悪い病気になることはありませんので、子供に自信を持たせるように励ましてあげましょう。
親の方が不安になってしまうと、それが子供にも伝わってしまい、さらに便秘が悪化してしまいますので、子供と一緒に、様々な方法で便秘を解消する努力をしてみましょう。


幼児の便秘解消法


親も子供もできるだけ早く、かつ、できるだけ痛みを伴わずに便秘を解消したいと思いますよね。
幼児の便秘解消法には、食生活に気をつけること、運動、生活習慣などがあります。
便を軟らかくするように、食物繊維を豊富に含む食べものを積極的に食生活に取り入れたり、腸内環境をよくする乳酸菌を含む乳製品を食べさせることが大切です。
また、水分不足も便を固くしてしまいますので、こまめに水分補給をさせましょう。
運動不足も便秘を引き起こしてしまいますので、屈伸運動などで腸の蠕動運動を促したり、お腹をのの字にマッサージするのも効果的です。
寝返りができるようになれば、うつぶせにするだけでも効果があることがあります。
規則正しい生活習慣も、幼児の便秘解消には重要です。
毎日トイレに行く時間を決め、決まった時間に座らせるようにしたり、早寝早起きをさせるようにするだけでも、排便のリズムがつき、便秘解消に役立ちます。
これらのことを気をつけることは、便秘を予防することにもつながりますので、すぐにでも実行してみましょう。
それでもダメな場合は、オリゴ糖を食べ物や飲み物に混ぜてみるのも一つの手ですし、綿棒浣腸をする方法もあります。
綿棒浣腸は、頻繁にやり過ぎると癖になってしまうので、できるだけ食生活や生活習慣で改善するようにしましょう。
どうしても出ずに、子供が苦しそうにしている場合は、小児科で出してもらうこともできますので、相談してみてください。
幼児の便秘を解消する方法をご紹介しています。
オリゴ糖の摂取や、食生活の見直し、トイレトレーニングの見直し、マッサージや運動、便秘薬など様々な幼児の便秘を解消する方法を掲載しています。
さらに、幼児の便秘に関する知識もご紹介しています。