幼児の便秘の原因とは?

幼児の便秘の原因を知って、対策を考えよう

幼児の便秘が気になっている方や、心配している方の為に、幼児の便秘はなぜ起こるのか、その原因についてご紹介します。
原因を知ることによって、効果的な対処を行うことができますので、参考にしてください。


幼児の便秘の原因として、まず考えられるのが、食生活によるものです。

親としては、好き嫌いなく、なんでも良く食べてほしいと思うものですが、そうはいきませんよね。
好き嫌いがある幼児がほとんどだと思います。

ある程度成長してくると、嫌いなものも我慢して食べさせることも可能ですが、低年齢のうちはそうもいきません。
柔らかいものを好んで食べたり、魚や野菜が嫌いな子もいるでしょう。
それが、便秘の原因になってしまうのです。

幼児をお持ちの方で、お子さんの便秘に悩んでいるなら、★食物繊維をたっぷり含む食べものを積極的に献立に取り入れたり、食べやすいように工夫して与えてみて下さい。
幼児の便秘の原因として次に多いのが、心因性のものです。

トイレトレーニングで、おしっこはできても、ウンチがなかなかトイレでできないというお子さんをお持ちの方が多いのではないでしょうか?
あるいは、トイレトレーニングの際に、なんとかウンチをトイレでさせようと無理強いしてしまったり、イライラして怒ってしまった、という経験をお持ちではありませんか?

そうすることによって、子供は、トイレに行きたくなくなったり、ストレスを感じてしまうことによって、便意を感じても、排便しなくなってしまうのです。
便意を我慢することによって、便秘になってしまいます。


また、環境の変化も幼児の便秘を引き起こしてしまいます。

保育所や幼稚園に入り、集団生活の中で排便することを恥ずかしいと思ったり、いつもと違った環境の中で、落ち着いて排便できないことによって、便意を我慢するようになり、便秘になることもあります。


その他の原因には、水分不足や運動不足もあります。
幼児は汗をよくかきますので、適度に水分補給をし、運動もするようにしましょう。


幼児の便秘関連情報

幼児の便秘の原因とは、一体なんなのでしょうか。
幼児の便秘の2つの原因である、食生活と心因について解説しています。
便秘解消のために、原因を知って下さい。