幼児の便秘と病気

幼児の便秘から疑われる病気

幼児の便秘の原因は、食生活によるものであったり、生活習慣、環境の変化、水分不足、運動不足などがほとんどで、容易に改善できるものが多いのですが、中には、病気が潜んでいる場合もあります。

ここでは、幼児の便秘と病気の関係についてご紹介します。


幼児の便秘の中には、様々な対処法を行っても、全く改善されない頑固な便秘の場合があり、なんらかの病気が隠れている可能性があります。

子供の便秘と関係がある病気に、「ヒルシュプルング病」があります。

「ヒルシュプルング病」とは、大腸などの消化器系の壁にある神経細胞が、先天的に欠如しており、ぜん動運動が起こらず、頑固な慢性の便秘を引き起こし、大腸が拡張してしまう病気です。
一般的にこの病気は、生まれて間もない新生児期に、排便の異常によって気付くことがほとんどなのですが、稀なケースとして、幼児でみつかることがあります。

この病気の最大の特徴としては、お腹の張りです。
大腸の拡張により、おならがたまり、お腹が異常にはってしまうのです。


その他にも、幼児の便秘に関係する病気には、腸の一部に閉塞ができることによって便秘になる「腸閉塞」や、肛門の穴が小さいために、排便しにくい「肛門狭窄」、甲状腺の異常による「甲状腺機能低下症」などがあります。


いずれの場合も、非常に頑固な便秘であることが多いですので、様々な対処法を行っても、効果が出ない場合は、病院で相談のうえ、治療を行うようにしましょう。

幼児の便秘関連情報

幼児の便秘には、何かしらの病気が潜んでいることもあります。
便秘と関連する病気を掲載していますので、心当たりはないか確認してみてくださいね。