幼児の便秘によくある症状

幼児の便秘に伴うよくある症状とは

幼児が便秘になると、便がでない以外の様々な症状を伴うことがあります。
ここでは、幼児の便秘によくある症状についてご紹介します。


幼児の便秘に伴う症状


お腹が張る

・お腹の痛みを訴える

肛門がきれて出血する

・排便をする際に痛がる

食欲が落ちる

・体臭・口臭・おならの臭いが気になる

嘔吐
幼児が便秘になると、お腹の張りと痛みを訴えることが多く、それによって便秘に気付くこともあります。
お腹が張ると、機嫌が悪くなったり、便秘による腹痛は大人にとっても辛いものですので、早急に取り除いてあげる必要があります。

また、便秘がひどくなると、便が固くなり、排便の際に痛くてうまく出せなかったり、肛門が切れて出血し、痔になることもありますので、便がでない上に、トイレに行きたがらなくなったら、肛門の異常を疑ってみましょう。

その他に、食欲が落ちたり、子供によっては、嘔吐する場合もありますので、早めに排便を促す飲み物を飲ませたり、頑固な便秘の場合は、病院で出してあげましょう。


幼児は、ささいな環境の変化や、食生活などによって、便秘になってしまうことも多いので、日頃から気をつけてあげて下さい。


幼児の便秘関連情報

幼児の便秘によくある症状をご紹介しています。
どんな症状が現われたら便秘のサインなのでしょうか。
症状をリストアップしていますので、チェックしてください。