食生活の見直し

幼児の便秘を解消するために食生活を見直してみよう

幼児の便秘の原因で最も多いのが、食生活によるものです。

幼児期は、食べ物の好き嫌いが多く、栄養バランスが偏ってしまったり、ファーストフードを好んで食べるなど、食生活が乱れることが多くあります。
また、野菜嫌いの子供も多く、食物繊維が不足しがちなのも、便秘の原因の一つです。

そのため、幼児の便秘を解消するには、食生活を見直す必要があります。
ここでは、どういった点に気をつけて食生活を送ればよいのかについて、わかりやすくご紹介しますので、参考にしてください。


まず第一に大切なのは、栄養のバランスに気をつけることです。
様々な食べ物をバランスよく摂取することによって、栄養の吸収率が高まりますし、それぞれの相乗効果によって、体の健康だけでなく、腸内も健やかな状態に保つことができます。
嫌いな食べ物でも、調理の仕方によって、食べられることも多くありますので、嫌いだからと言って出さないのではなく、調理法を工夫して、バランスよく食べさせるようにしましょう。
次に、食物繊維が豊富な食べ物を積極的に摂取しましょう。
芋類や豆類、海藻類などがオススメです。
芋類はおやつに利用したり、豆類や海藻類は、ハンバーグなどのタネに混ぜたり、野菜スープにすると食べやすいのでオススメです。


また、腸内環境を整えるためには、乳酸菌が豊富なヨーグルトなどの発酵食品が良いでしょう。
ヨーグルトは、喉ごしがよく食べやすいので、好んで食べる幼児が多いと思いますが、できれば無糖のものが良いと思います。
無糖のヨーグルトを果物に混ぜたり、ビフィズス菌の量が多いヨーグルトがオススメです。


食生活を見直す上で、水分の摂取にも気をつけて下さい。
水分不足によって、便秘が引き起こされている場合もありますので、食事の際だけでなく、日中もこまめに水分摂取をさせましょう。


食生活を見直すことは、幼児の便秘を解消するだけでなく、肥満の予防や、家族みんなの健康を守ることにもつながりますので、常にバランスや食物繊維などを意識した食生活を心掛けて下さい。

幼児の便秘関連情報

幼児の便秘の原因で最も多いのが「食生活」です。
食生活による幼児の便秘を解消するために、普段の食事でどんなことに気をつけたらよいのかをご紹介しています。