運動をすることの重要性

運動をして幼児の便秘を解消する

幼児の便秘を解消するためには、適度な運動が必要です。
というのも、幼児の便秘の原因の一つに運動不足があるからです。

「幼児で運動不足?」と驚いた方もいると思いますが、昔は、子供は外で元気に遊んでいることが多かったのですが、最近では、室内で遊ぶ子供が多くなっています。
子供だけで遊ばせるには、治安が心配であったり、忙しくて一緒に遊ぶ時間がなかったり、室内で遊ぶおもちゃなどが充実していることによって、外で遊ぶ子供が少なくなってきました。
そのため、運動不足になり、便秘を引き起こしてしまうのです。

「うちの子は、家の中で大騒ぎしているので、運動不足じゃないのでは?」と思う方もいるかも知れませが、外遊びに比べると、運動量はかなり少ないのです。

家の外で体を使って思いっきり遊ぶと、胃腸の働きが活性化され、腸の動きも良くなります。
また、汗をたくさんかくことによって、水分をたっぷり補給するので、水分不足による便秘も解消・予防することができます。
さらに、体をたくさん動かすとお腹がすくので、食欲が増します。
便の量は、食べ多量に比例するので、小食も改善され、良く動き、良く食べ、良く出し、というバランスがとれた状態になります。


運動不足は、腹筋の低下を引き起こします。
腹筋が低下すると、排便する力が弱くなります。
排便をスムーズにするには、腸の蠕動運動が活発に行われなければなりませんが、それが運動不足だと、円滑に行われないのです。


このように、運動不足を解消することは、幼児の便秘解消に非常に効果的です。
外で遊ばせるには、治安の問題や、仕事で忙しい、遊べる場所がないなど、様々な問題があると思いますが、できるだけ外遊びをさせてあげ、便秘を解消・予防してあげて下さい。

幼児の便秘関連情報

幼児の便秘解消にお悩みでしたら、その原因は運動不足かもしれません。
幼児の便秘解消のための、運動のススメを掲載しています。