便秘薬で便秘解消する場合の注意

便秘薬を使って幼児便秘を解消する場合の注意

幼児の便秘を解消するために、便秘薬の使用を検討している方も多いと思います。
確かに、便秘薬を使えば、効果的に便を排出することができますが、様々な問題もあります。

例えば、幼児の便秘解消によく使われるのが浣腸ですが、頻繁に使っていると、浣腸なしでは、排便することができなくなることもあり、使用には注意が必要です。
浣腸を使うと、お腹に溜まった固いウンチを排出することができるのですが、あくまで応急処置として、便秘による腹痛を訴えるときなどに使うようにしましょう。

浣腸は、幼児用のものも市販されていますが、初めて浣腸を使う時は、医師の診断を受けてから使ったほうが良いと思います。


便秘薬も市販されていますが、使い方を誤ると副作用が出ることがあったり、ひどい痛みを伴う下痢になることもありますので、自己判断で使用せず、まずは医師の診断を仰ぎましょう。

病院で処方される便秘薬の多くが、「ラキソべロン」や「マグネシウム」です。

いずれも、幼児の便秘薬として良く使われる薬で、安心して使うことができますが、容量・用法を守って使うようにしましょう。

また、漢方薬を処方してくれるところもあります。
子供に合った漢方薬を処方してくれるので、副作用の心配がなく、安心して飲むことができます。



その他にも、「ミルマグ内服液」や「ビオフェルミン」などといった整腸剤によって、腸内環境を整え、便秘を解消する方法もあります。

いずれも、刺激がないので、痛みを伴うことなく、便秘を解消することができます。


便秘薬は、幼児の便秘を効果的に解消することができ、また即効性が期待できますが、痛みを伴ったり、下痢になる場合もあり、また、便秘薬なしでは排便できなくなる可能性もあるため、できれば、便秘薬なしで便秘を解消するのが望ましいのです。

食生活や運動など、様々な方法を試しても効果がない場合の最終手段として、とらえておいた方が良いと思います。

幼児の便秘関連情報

幼児の便秘を解消するために、便秘薬を使う方法もありますが、小さな子供に使用するには注意が必要です。
幼児の便秘解消に便秘薬を使う場合、どんなことに注意すればよいのでしょうか。